ソフトウェア > DLLセット > LEngFile.dll
LEngFile.dll
ファイル・ディレクトリ関連のDLLモジュールです。

pfByteCountOfFile 指定したファイルのバイト数を取得する。
pfBytesToSaveData バイト配列データをファイルに出力する。
pfCombineLinesFiles 指定したファイル・フォルダリストに含まれるファイルをすべてバイナリ結合する。
pfDirListLines 指定したディレクトリ内のフォルダを検索する。
pfExtractFileExt ファイルパスから拡張子のみを取得する。
pfExtractFileName パスからフォルダ名・ファイル名のみを取得する。
pfExtractFilePath パスからフォルダ名・ファイル名を除いた親フォルダのパスを取得する。
pfFileCanUseCheck ファイル名に使える文字列かどうかをチェックする。
pfFileCrypt 指定したファイルを簡易的に暗号化する。
pfFileDirOperation ディレクトリやファイルを操作する。
pfFileListJoin 改行コード(CRLF)区切りのファイルリストのファイルをすべてバイナリ結合し、別のファイルとして出力する。
pfFileListLines 指定したディレクトリ内のファイルを検索する。
pfFileRandamReadToFile ファイルの指定位置から指定バイト数だけ読み込んで別のファイルに出力する。
pfFileRandamReadToLines ファイルの指定位置から指定バイト数だけ読み込んで文字列として返す。
pfFileSameCheck 2つのファイルのタイムスタンプとファイルサイズを比較する。
pfFileSizeToInt 数値を指定したファイルサイズの単位に変換する。
pfFileSizeToStr 数値を指定したファイルサイズの単位に変換した文字列を返す。
pfForceDirectories 指定したフォルダパスのフォルダを作成する。
pfGetAppName 拡張子からアプリケーション名を取得する。
pfGetFileInfo ファイル情報を取得する。
pfGetMimeType 拡張子からMIMEタイプを取得する。
pfLinesToSaveData 改行コード(CRLF)区切り文字列をテキストファイルとして出力する。
pfLoadDataToBytes ファイルバイト型データとして読み込む。
pfLoadDataToLines ファイルをテキストデータとして読み込んで行区切り文字列を返す。
pfPathEndDelim パスの末端にパス区切り文字(\)を付けたり、除去したりする。
pfRecursiveSearchLines 指定したディレクトリ内のファイルおよびフォルダを再帰的に検索する。
pfSeparateFiles pfCombineLinesFiles関数で生成した結合ファイルを解凍する。