ソフトウェア > DLLセット > LEngCohort.dll
LEngCohort.dll
人口推計処理モジュールです。コーホート要因法とコーホート変化率による年齢別(年齢階級別)人口推計ができます。

pfBaseDataCheck 【コーホート要因法による計算用】基本データが正しく作業用一時フォルダに保持されているかどうかをチェックする。
pfBaseDataGet 【コーホート要因法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている基本データを取得する。
pfBaseDataSet 【コーホート要因法による計算用】基本データを読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfBasePopCheck 【コーホート変化率法による計算用】基準人口1と基準人口2が正しく作業用一時フォルダに保持されているかどうかをチェックする。
pfBasePopFromFile 【コーホート変化率法による計算用】基準人口1と基準人口2の年齢階級別人口をファイルから読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfBasePopFromLines 【コーホート変化率法による計算用】基準人口1と基準人口2の年齢階級別人口の改行コード区切り文字列から読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfBasePopGetToLines 【コーホート変化率法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている基準人口1と基準人口2を改行区切りデータとして取得する。
pfBirthRateCheck 【コーホート要因法による計算用】出生率が正しく作業用一時フォルダに保持されているかどうかをチェックする。
pfBirthRateFromFile 【コーホート要因法による計算用】出生率をファイルから読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfBirthRateFromLines 【コーホート要因法による計算用】出生率の改行コード区切り文字列から読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfBirthRateGetToLines 【コーホート要因法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている出生率を改行区切りデータとして取得する。
pfChangeRateToLines 【コーホート変化率法による計算用】年齢階級別変化率を改行区切りデータとして取得する。
pfChildRatioToLines 【コーホート変化率法による計算用】婦人子ども比を改行区切りデータとして取得する。1行目が婦人男児比、2行目が婦人女児比となる。
pfGuessEachAge 【コーホート要因法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている各データを読み込んで推計し、結果をCSVファイルで出力する。
pfGuessRank 【コーホート変化率法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている各データを読み込んで推計し、結果をCSVファイルで出力する。
pfLifeRateCheck 【コーホート要因法による計算用】生残率が正しく作業用一時フォルダに保持されているかどうかをチェックする。
pfLifeRateFromFile 【コーホート要因法による計算用】生残率をファイルから読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfLifeRateFromLines 【コーホート要因法による計算用】生残率の改行コード区切り文字列から読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfLifeRateGetToLines 【コーホート要因法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている生残率を改行区切りデータとして取得する。
pfMoveRateCheck 【コーホート要因法による計算用】移動率が正しく作業用一時フォルダに保持されているかどうかをチェックする。
pfMoveRateFromFile 【コーホート要因法による計算用】移動率をファイルから読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfMoveRateFromLines 【コーホート要因法による計算用】移動率の改行コード区切り文字列から読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfMoveRateGetToLines 【コーホート要因法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている移動率を改行区切りデータとして取得する。
pfPopulationCheck 【コーホート要因法による計算用】基準人口が正しく作業用一時フォルダに保持されているかどうかをチェックする。
pfPopulationFromFile 【コーホート要因法による計算用】基準年の人口をファイルから読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfPopulationFromLines 【コーホート要因法による計算用】基準年の人口改行コード区切り文字列から読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfPopulationGetToLines 【コーホート要因法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている基準人口を改行区切りデータとして取得する。
pfRankCheck 【コーホート変化率法による計算用】年齢階級ラベルとフラグが正しく作業用一時フォルダに保持されているかどうかをチェックする。
pfRankFromFile 【コーホート変化率法による計算用】年齢階級のラベル名とその年齢階級が婦人子ども比を求める際の母親年齢階級かどうかを示すフラグ(1=母親)のカンマ区切りデータを1セットとして、これを改行コード区切りで必要な階級数分セットしたデータをファイルから読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfRankFromLines 【コーホート変化率法による計算用】年齢階級のラベル名とその年齢階級が婦人子ども比を求める際の母親年齢階級かどうかを示すフラグ(1=母親)のカンマ区切りデータを1セットとして、これを改行コード区切りで必要な階級数分セットした文字列から読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfRankGetToLines 【コーホート変化率法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている年齢階級ラベルとフラグを改行区切りデータとして取得する。
pfRatioCheck 【コーホート要因法による計算用】出生性比が正しく作業用一時フォルダに保持されているかどうかをチェックする。
pfRatioFromFile 【コーホート要因法による計算用】出生性比をファイルから読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfRatioFromLine 【コーホート要因法による計算用】出生性比の文字列から読み込んで作業用一時フォルダにて保持する。
pfRatioGetToLine 【コーホート要因法による計算用】作業用一時フォルダに保持されている出生性比を改行区切りデータとして取得する。
pfWorkSpaceGet 人口推計処理を行う際の作業用一時フォルダを生成して、そのフォルダパスを返す。
pfWorkSpaceInit 作業用一時フォルダを削除する。